ICO(Initial Coin Offerling)の仕組み参加方法(購入方法)について、この項目では解説をしていきます。

ICO(Initial Coin Offerling)の仕組みを知ってから、実際に注目の仮想通貨投資であるICOに参加をしてみましょう!

ビットコイン、イーサリアムというメジャーな仮想通貨も始まった当初は誰にも見向きもされなかったけれども・・・今や当初の価値の2000倍とか価値が上昇をしているわけですから、それぞれの企業から新しく出される仮想通貨を少量でも購入をしておけば、2000倍は無理でも200倍の価値がついたりは案外する事が多いと思いますよ。

あとは、どのように売り抜けるかという事だけで、ICO案件に紹介をされるものは、案外と最初にキャピタルゲイン(値上がりにより利益)を得る事は比較的に簡単だと予想をされます。

では、下記にICO(Initial Coin Offerling)の仕組み参加方法(購入方法)を解説をしていきます。

ICO(Initial Coin Offerling)の仕組み

まず、ざっくりとICOについて確認をしておきましょう。

ICOは資金を調達をしたい企業が自社のはじめるサービスで使う事が出来る仮想通貨(トークン)を発行をする事からはじまります。その企業が発行をした独自通貨を我々(投資家・投機家)が購入をします。

この独自に発行された仮想通貨(トークン)は、仮想通貨を発行をした企業がプロジェクトを進行し、仮想通貨取引所へ上場をする事によって価値の急激な上昇を得る可能性が高くなります。

つまり、この企業の仮想通貨(トークン)を購入をした我々(投資家・投機家)は主に、その企業の発行をした仮想通貨(トークン)が事業の進行、仮想通貨の取引所への上場をする事での価値の上昇を期待をして購入をするという事になります。

ただ、思い通りに仮想通貨(トークン)の価値が上がらなかったとしても、その仮想通貨を発行をした企業が計画通りに事業を進行をしており、あなた自身が受けたいサービス、商品開発をしていれば、購入をしたその企業の仮想通貨(トークン)によってサービス、商品との交換をする事が出来ます。

従って、購入をした仮想通貨(トークン)の価値が上がらなかったとしても、自分自身が、その企業の商品、サービスを受けられれば満足をする事が出来るというものを選ぶと良いでしょう。

補足説明:トークンとは

トークン:ICOで企業が上場前に売り出す仮想通貨の事を一般的にトークンと呼ばれています。これはICOを行う企業によって呼び方が異なり、それぞれ異なる呼称がつけられている事もありますが、ICOをする企業が新規に発行をする仮想通貨の事を一般的にはトークンと呼びますので覚えておいて頂くと良いです。

ICOで新規発行される仮想通貨を購入をするにはどのようにするの?

1:ICOに参加をするにはICOで使う仮想通貨を購入する取引所に登録をする事からスタート!

ICOで各企業が発行をする独自仮想通貨であるトークンは、ビットコインのブロックチェーン、イーサリアム、などそれぞれのプログラム上で発行をされるものです。

従って、各企業ICOで売り出される独自仮想通貨であるトークンの購入は、既に価値のついているビットコイン、イーサリアム、リップルなどの仮想通貨を使って購入をします。

各企業によって支払いに使える仮想通貨が異なりますので、仮想通貨の取引所は取扱い仮想通貨の多い取引所にした方がICOを案件をこれから本格的にはじめるには最適です。

ICO案件を本格的に行うなら取引所はcoincheckが便利

coincheck(コインチェック)

コインチェックは12種類(2018年01/08現在)の仮想通貨を取扱いをしています。仮想通貨をガッツリ利用をしてICO案件を行っていく方には大変に有望な取引所となっています。

コインチェック取扱い仮想通貨

  • ビットコイン(BTC)
  • ライトコイン(LTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • オーガ(REP)
  • モネロ(XMP)
  • ダッシュ(DASH)
  • ジーキャッシュ(ZEC)
  • ネム(NEM)
  • リップル(XRP)

これだけの取扱いの仮想通貨があれば殆どICO投資で対応を出来ないという事はないでしょう。しかしながら、ここで取扱いがない仮想通貨も必要な場合は2つめ、3つ目の取引所に登録をすると良いでしょう。

おまけ情報
コインチェックを使うべき最大のメリットは最大年利5%で運用が出来るという点!もあります。
自分の購入した仮想通貨をコインチェックに貸し出しを行う事が出来るので、銀行に預けておくリスクをとるのであれば、コインチェックに著金額の30%程度くらいをコインチェックで仮想通貨を購入をしてコインチェックに貸出す方がよほどお得です。

coincheckの登録は下記のバナーをクリック(タップ)して、公式サイトから登録をして下さいね!簡単に登録をする事が出来るので、この機会に登録をして、本人確認書類などの提出なども済ませてしましましょう!
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ICO案件を行うのにコインチェックを選ぶべき理由

ICO案件を本格的に行う事を考えていくとか、自分で色々なICO案件を発掘をしていくという事をお考えであれば様々な種類の仮想通貨でトークンの取引を行う事になる可能性が高いです。

セールの直前になって、自分の利用をしている取引所では、その仮想通貨の取扱いがないというのではお話になりませんし、仮想通貨の取引所は本人確認を終えるまで仮想通貨の購入などの機能を利用をする事が出来ません。

しかも本人確認書類を送ってリアルタイムで承認されるわけではなく3日程度かかりますので、はじめから取扱い仮想通貨が多い取引所を選んでおく事が後々ICO案件をスムーズに行う上では大変に重要な事になります。

なので、はじめは一箇所の仮想通貨の取引所と考えている方は、まずはコインチェックから登録をすると後々ICO案件を自分で発掘をしていく際に良いでしょう。

coincheckの登録は下記のバナーをクリック(タップ)して、公式サイトから登録をして下さいね!簡単に登録をする事が出来るので、この機会に登録をして、本人確認書類などの提出なども済ませてしましましょう!
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

2:有力なICOを案件を探す

ICOに参加をするには、ICOを行い資金調達をする企業の情報、またICOを行う企業の独自仮想通貨を保管をする独自ウォレット(サイト)への登録が必要になります。

例としては、下記のREGAINのリンクから公式サイトを見て下さい。

REGAINの公式サイトからホワイトペーパーを読んでプロジェクトを確認・登録・REGトークン購入→こちら

サイトになっていますよね?そして登録をする事が出来るようになっていると思います。ICOではこのようなサイトが用意をされており、そのサイトに登録をして独自トークンが販売される期間などの直接的な情報を得る事になります。

また、インターネットで検索をして色々なICOを自分で発見をしてホワイトペーパー(計画書・事業計画)読んで将来性が高いか、その発行される独自仮想通貨のトークンは仮想通貨の取引所に問題なく上場をする可能性は高いかという事を自分で判断をしてサイトに登録をするという事が一般的です。

もっと早い段階でICO案件を探す方法は?

日本国内ではまだICO案件を一括で取り扱うような信頼性の高い情報サイトもなく、また、日本国内に事業者のICOも世界的に見れば殆ど皆無の状態に等しいのでICO案件、トークンセール情報は海外のICOレビューサイトなどから情報を得る事が一般的となっています。

3:早い段階である有力なICO案件を探すならICOのレビューサイトもチェック

UNBIASED ICO REVIEWS

ICOレビュー

UNBIASED ICO REVIEWS 公式サイト→こちら

こちらは、ICO案件のレビューがなされています。参考になると思いますよ。

Coinschedule

ICOスケジュール

Coinschedule 公式サイト→こちら

こちらのサイトはICOのスケジュールがまとめられたサイトとなっており、いつトークンセールが行われているのか、また資金の調達の進歩状況が分かるサイトとなっています。

下記に、注目度が高いICO案件を公開をしましたので、是非参考にして下さい。

注目ICO案件例

  • MOOVER | 全世界に格安で平等なインターネット環境を構築をし情報格差を無くすプロジェクト!
  • REGAIN | ビットコインのマイニング事業を正常化!マイニング事業によって発生したマイニング報酬が分配される!

4:良いICO案件を見つけたら、その企業の独自ウォレットに登録

良いICO案件を見つけて、あなたが本当にこの企業に投資をしたいと思ったり、独自仮想通貨のトークンが極めて取引所に上場をする可能性が高くキャピタルゲインが狙えると思ったら、ICOのトークンセールでトークンを購入をする事が出来るように登録をして、そのウォレット内でトークンを購入をして、後はどの企業の事業の進行を見守るだけです。

またセール期間が終わってしまっていて、すぐに購入をする事が出来なくても、次回の販売期間が決まっているのであれば、その際に購入をする事が出来るように独自ウォレットだけには登録をしておく事をおすすめします。

また、どの仮想通貨を使ってそのICOはトークンを購入をするのかという事をよく見ておく事も重要です。もし、自分が使っている取引所に取扱いのない仮想通貨であったら大変なので、自分が使うビットフライヤー、コインチェック、ザイフなどの取引所の登録はまず取扱い仮想通貨の多い取引所を選ぶと良いでしょう。

繰り返しになりますが、コインチェックが対応仮想通貨が12種類となっているのでICO案件を今から本格的に行っていくという方には最適です。

coincheckの登録は下記のバナーをクリック(タップ)して、公式サイトから登録をして下さいね!簡単に登録をする事が出来るので、この機会に登録をして、本人確認書類などの提出なども済ませてしましましょう!
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

当サイト ICOの基礎知識(仮想通貨投資)コンテンツ

当サイト 有力ICO案件