ICO(Initial Coin Offering)(イニシャル・コイン・オファリング)とは何かについて解説をしていきます。

先に想像をして頂き易いようにざっくりと言えば、仮想通貨の取引所に上場(売り出される)前の仮想通貨の購入をする事が出来る仕組みのものと言うと想像がつきやすいですね。

ICOは新規事業、プロジェクトなどを立ち上げる企業などが、自社内のサービスなどで利用をする事が出来る独自仮想通貨を発行をします。

その企業は自社の発行をした独自通貨を流通をさせるために基本的に仮想通貨の取引所に上場をするという事を目標として事業を進めていきます。

企業の独自仮想通貨を上場前にイーサリアム、ビットコイン、リップルなどで購入をしていた投資家(投機家)はその企業の独自仮想通貨が上場する事によって取引をされはじめると持っている独自通貨の価値が上がりキャピタルゲインを得る事が出来るという事になります。

これが、ざっくりとしたICOの全容となります。

今、このICOで資金調達をする企業が増加をしており、また新しい投資案件として仮想通貨に関連をした項目として非常に注目をされています。

このコンテンツでは「ICOとは」何かについて詳細に解説をしていきます。

皆様の生活をより豊かによいものにするためにチャンスを含んだICOについて知って頂くことは、FX投資、株式投資をする以上にチャンスの機会に溢れたもので、また株式投資に未公開株を購入よりも低リスクで小資金から投資をする事が出来ます。

もちろん、大きな金額と投資をするのも自身の資金に合わせて行う事が出来ますから、この点でかなり有利な投資案件になる可能性が高いと言えるでしょう。

ICO(Initial Coin Offering)(イニシャル・コイン・オファリング)とは何か?詳細解説

ICOの概略

ICOとは何か?
ICO(Initial Coin Offering:イニシャル・コイン・オファリング/新規仮想通貨公開)とは、資金調達をしたい企業や事業プロジェクトが、独自の仮想通貨を発行/販売し、資金を調達する手段/プロセスのことを指します。投資家には「コイン」や「トークン」と呼ばれるデジタル通貨(資産)を購入してもらい、原則として対価は支払われません。別名「クルドセール」や「プリセール」、「トークンセール」などとも呼ばれ、株式を利用した従来の方法(IPO:新規株式公開)以外の資金調達手段として注目を集めています。

転載元:ICOとは何か?ビットコインなどの「仮想通貨」を使った資金調達方法の基礎を解説

前文でざっくりとしたICOの全容をざっくり解説をしましたが、より専門的に記載をすれば上記の転載記事のようになります。

ICOは資金調達をしたい企業にメリットが非常に多く、株式発行をして資金を調達をするより迅速に資金調達をする事が出来る方法として注目をされています。

一般的に株式会社は株式を発行をして株式市場に上場する事によって資金調達を実行をしてきましたが、そもそも株式市場に上場をする事自体が非常に困難で、資金を調達をしたい企業が迅速に資金調達をする事が出来るわけではありません。

それでは、結局のところ株式会社とは言っても、株式を発行をする事によって資金を集めるという事は法律的には一応出来るのですが、基本的に弱小企業が思うように資金調達をする事が出来ませんでした。

そこで、比較的簡単にすばやく資金調達をする事が出来る方法としてICOが注目を集め、大型の資金調達に成功をする新規スタートアップ事業が誕生をしているのです。

ICOを行う企業に於けるメリット

ICOは株式ではありません。あくまでも、企業が発行する仮想通貨の購入をしてもらう事によって、その企業が行う事業、サービス内で利用をする事が出来る通貨を発行をしているに過ぎません。

また、個人がどれだけ多くの、その企業の仮想通貨を大量の比率で持っていたとしても、株式のように会社の所有権、意思決定権を渡す必要性はありません。

株式上場というともの凄く良いイメージがあるかもしれませんが、企業にとって株式上場によって資金調達をするという事は、ある意味で他人がその会社の意思決定の内部に入ってくるという事を意味します。また大量の株式の保有をされる事によって、経営権などが奪い去られる可能性もある危険な側面があるわけです。

しかしながら、ICOでは、そのような危険性がありません。今までは株式発行により資金を調達をしていた、既に信頼のある上場企業がICOを行う場合には、これまでの株式発行によっての資金調達以上にメリットがある方法という見方も出来ます。

ICOに投資をする側のメリット

ICOに投資をする場合に、未公開株を購入をする以上のメリットがあります。

通常、株式上場前の未公開株を購入をするとなると、かなり高額な出資をしなければなりません。1万円、2万円というような程度の小額から購入をするという事は出来ない事が通常です。

また、未公開株の優良情報など、そんなものは通常であれば回ってくることは殆ど皆無と言っても良いでしょう。

しかし、ICOであれば、自分自身で情報の精査をする事も比較的簡単で、また、ICOでの仮想通貨の取引所上場という方が株式市場上場というよりも比較的簡単であるために、上場をする可能性も高いのでリスクは最小限であると言えるでしょう。

また、資金調達という段階で早期に出資をする事が出来るので、その点でもメリットがあり、投資案件としても面白いという事が言えます。

また、未公開株では莫大な資金の出資がはじめから求められるので、通常のサラリーマン、OL、大学生などでは投資不可能という場合が殆どでしたが、ICOであれば1万円、2万円というような小額から購入をする事が出来るという事が殆どですから、誰でも手軽に参加をする事が出来るという事も大きな魅力となっています。

ICOの将来、未来、展望

ICOはこれから、益々発展をしていくものであると思われます。

現段階では、法整備が整っていないという部分を問題視をする事も事実ではありますが、そもそも、株式市場に株式を公開をして資金を調達をするという旧来に資金調達方法以上に簡易に迅速に行う事が出来るのがICOです。

大企業からしても資金調達自体に非常に大きな労力とコストをかけていたのが、ICOであれば、証券会社との関わりも必要ありませんし、今まで大企業が培ってきた信頼性を元にICOをオファーをする事は、今までの株式発行、株式市場からの資金調達の方法をとるよりも、低コストで、経営関与のリスクなどに犯される事なく資金の調達を完了をする事が出来るという事になります。

この仮想通貨のブロックチェーン技術から生まれた新しい資金調達方法であるICOが資金調達のスタンダートになる事によって、これまでの証券会社なども、かなり窮地に追い込まれる事になるのではないかという事も予想をされます。

まさに仮想通貨が経済活動の根幹を揺るがしているという事でもあります。

しかしながら、あまりに危惧をする必要はありません。これは、今からスタートアップをしていく新しく事業をスタートをさせる人々にとっては大変に良い時代になったという事が言えるのです。

ただ、この流れに適応をする事が出来ない、証券会社、金融機関、政府などが、どのように、この経済活動の根幹からの変化にコミットをして利益を得ていくのかという事が問われているだけの事です。

もう、新しい時代はすぐそこまでやってきているという事が期待をする事が出来る心躍る新しい資金調達方法がICOであるという事で、今後の進展に注目をして頂ける人が増えれば大変に嬉しい事でございます。

当サイト ICOの基礎知識(仮想通貨投資)コンテンツ

当サイト 有力ICO案件