実機で遊べるオンラインでパチンコ・パチスロならクイーンカジノ!
PAGCOR

フィリピンのカジノライセンスPAGCORが完全な民営化への準備

オンラインカジノ業界の中では結構重要なアジアのライセンスであるフィリピンの大統領令によって設立された半民半官のゲーミングライセンス規制機関であるPAGCOR(パグコー)。

日本語にするとフィリピン娯楽・ゲーミング公社が完全なるゲーミング規制機関として転換する際に民営化する準備を進めています。

ゲーミングビジネスや投資に興味のある方ですと知っている方もいらっしゃるかもしれませんね。

PAGCORのライセンシーの更新が止まっていたりして問い合わせてをしてみると「ライセンス更新作業中」などの返答が返ってきたなんて経験をなさった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そうです、いまPAGCORは完全民営化の準備でばたばたしているところなのです。

しかも、いつの間にかPAGCORのオフィシャルサイトも新しくリニューアルされています。

PAGCORのちょっとした解説

PAGCOR(フィリピン遊戯事業管理委員会)は、フィリピンの政府機関であり、カジノやゲーミング関連の施設および活動を監督し、規制する責任を負っています。この機関は、フィリピンにおけるギャンブル産業の成長と発展に寄与しており、国内外の観光客に人気のある観光地になっています。

PAGCORは、フィリピンのカジノ施設や関連するギャンブル事業の運営に関するライセンスを発行し、業界を監視しています。これには、カジノ、ビンゴ、スポーツベッティング、オンラインギャンブルなどが含まれます。PAGCORはまた、税収の一部をフィリピン政府に提供し、社会福祉プロジェクトやインフラ整備に貢献しています。

さらに、PAGCORはフィリピンにおける雇用の創出にも貢献しています。カジノやギャンブル関連の事業は多くの人々に雇用機会を提供し、地域経済の成長を支えています。そのため、PAGCORはフィリピンの経済における重要な役割を果たしています。

一方で、ギャンブル依存症やその他の社会問題もPAGCORの監督下で管理されています。機関は、適切な規制やプログラムを通じて、問題ギャンブラーを支援し、ギャンブルに関連する問題を軽減する取り組みを行っています。

総じて、PAGCORはフィリピンにおけるギャンブル産業の発展と監督において重要な役割を果たしており、国の経済的および社会的な発展に寄与しています。

オンラインカジノのライセンス発行国についての当サイトのまとめ記事は下記です。

PAGCORの国内経済成長の貢献度合い

この点がフィリピン投資などを考えている方にとって最も重要な点です。少し長くなりますがとても重要な点ですからしっかり読んで下さい。

GDP貢献率は8.4%に上昇する見込みです。

IT-BPMセクターは、今後2年間で25.7万人のフルタイム従業員と59億ドルの収益を上積みする見込みで、フィリピンで2028年までに創出する必要がある110万の雇用の23%と、295億ドルの収益の20%となる見込みです。
業界の成長は、首都圏マニラ以外の地域にも拡大し、Cagayan de Oro、Cebu、Clark、Davao、Iloiloは、IT-BPM企業の重要な拠点となっており、これにより経済成長が促進され、食品、物流、不動産、小売り、交通などの他のセクターにも利益が広がっています。
フィリピンは規模の面では、世界一の人口を誇るインドに次ぐ世界のIT-BPMプレーヤーですが、いくつかの分野では、インドを追い越す可能性があます。

フィリピンの中央銀行総裁、Eli Remolona氏は、さらなるペソ安を防ぐために、1ドル57ペソの水準で市場介入していることを示唆しました。
中央銀行総裁は、為替レートが1ドル57ペソを超えないように維持しているかどうか尋ねられた際に、「抵抗レベルがあり、それらを越えると急に同じ方向に取引が向かうことがあると」と述べました。
ペソは今四半期で、アジア通貨の中で最も弱い通貨の一つで、ドルに対して約3%下落しています。米国の利上げが高い水準に保たれるとの憶測に基づく新興市場の売り浴びせがドルを支援している中で、ペソはよりも大きな下落をしています。

引用:フィリピンカジノ公社が民営化へ

世界が荒れているとは言いますが、この成長率を叩き出しているのは金融経済的に見ればもの凄いことです。

投資の対象としてのフィリピンは今からが熱くなってくるところであると思われるのです。特に世界各国からアクセスされるオンラインカジノのライセンス発行は外貨獲得の大きな強みといっても過言ではありません。

フィリピン国内にレジャー、エンタメで外国人を呼び寄せるよりも圧倒的にコストを低くしつつも、外貨を24時間集め続けられるオンラインカジノがフィリピン国内で稼働しているのは経済としても非常にプラス面に働くのは誰が考えても容易に想像のつくことです。

また、IT-BPMセクターの拡大は特にフィリピン政府がリモートワークを支援を強くしたことによる恩恵も大きいです。そのリモートワーク支援が、フィリピン政府にとって重要な経済成長要因と税収源ともなっているオンラインゲーミングも後押しをしてフィリピンのゲーミング産業は一段と力強く経済的な発展と盛り上がりを見せていくと期待されているのです。

IT-BPMによってフィリピンのこの分野における経済規模は世界一の人口を擁するインドを抜いたとも言われています。インドのように広大な国土面積があるわけではないフィリピンがインドに次ぐ規模ということは、面積で経済成長率を測るとするならインドを事実上抜いたといっても過言ではない急速な成長をしているのです。

PAGCORの規制が及ぶフィリピン国内ランドカジノとオンラインカジノについて

PAGCORは、ランドベースのカジノ、ビンゴ、電子ビンゴ、e-カジノゲーム、スポーツベッティング、e-ビリヤードなどフィリピン国内のすべてのゲーム運営を規制・管理しています。

引用元:フィリピン投資のスペシャリスト GSR株式会社

PAGCORの具体的な規制が及ぶものが上記となっています。エンタメ系を殆ど全て規制・管理していると思って頂いてかまいません。

PAGCORの規制が及ぶフィリピン国内のランドカジノとオンラインカジノについては下記です。

フィリピンのマニラにある四大カジノと言えば下記にまとめてありますので、そちらもご拝読を頂けると嬉しいです。

2024年のPAGCORがフィリピン国内で管理しているランドカジノは42件となり、その他オンラインカジノ(スポーツベット、ビンゴ)などがあると言われており、このゲーミングのライセンス事業からPAGCORの売り上げは600億ペソ~800億ペソが上がると推測されています。

PAGCORのオンラインカジノ運営ライセンスを取得しているメジャーどころのオンラインカジノ

パグコーのライセンスを取得しているオンラインカジノは実はかなり多くあると言われています。

ただ玉石混在を言われているのも事実でその信頼性・安全性は運営実績、これまでの評判などで総合的にプレイヤー側が判断をするしかないと言われています。

そんなプレイヤーからしたら玉石混在のPAGCORライセンスを取得しているオンラインカジノでも当サイトで紹介しているカジノであれば心配はありません。

エルドアカジノ

ロゴなしエルドアカジノハイローラー

ハイローラー系オンラインカジノのNO1の人気を誇るエルドアカジノ。

実はPAGCORライセンスも取得しているのです。信頼性・安全性はバッチリの履歴を積み重ねておりお金持ちがこぞって登録しているオンラインカジノの代表格として現在はその名を欲しいままにしています。

なにより、「入金・出金の上限金額が無制限」のオンラインカジノはほぼ唯一エルドアカジノだけといって過言ではありません。VIPランクが高くなくても入金・出金の上限が無制限なのですから、これほどお金持ちのカジノ好きなハイローラーの方々に最適なオンラインカジノはありません。

 

当サイト エルドアカジノの紹介・詳細は下記をご参照ください。

 

ELDOAH(エルドアカジノ)への登録はローマ字の住所登録がありません。30秒~1分で登録が完了をします!この機会に是非登録をして本格的なオンラインカジノのELDOAH(エルドアカジノ)で楽しんで下さい

エルドアカジノ

ELDOAH(エルドアカジノ)図解での詳細な登録方法→こちら

エンパイア777 (マニラのソレアリゾート&カジノのVIPルームジャンケットが運営)

1450400エンパイア777

PAGCORライセンスと言ったら、フィリピンの4大カジノリゾートの「ソレアリゾート&カジノ」のVIPルームでジャンケットをしている企業が運営しているエンパイア777を忘れることはできません。

 

ソレアリゾート&カジノのについては下記にまとめてあります。

 

エンパイア777はランドカジノの本物のジャンケット仕込みの手厚く上質で寡黙なサービスがウリです。しかし、近年は少しばかりオンラインカジノの方は低迷をしていたのですがサイトをリニューアルしイマドキのAI美女を使ったサイト構成などは、新しいエンパイア777とさらにイマドキな上質さとサービスを提供してくれるのではないかと思わせてくれます。

ライブバカラに特にこだわって運営しているとして2012年から出てきたオンラインカジノでこれまで運営しているわけですから信頼性、安全性など全くもって問題なく運営をしています。

もしオンラインカジノへの登録を迷ったり、信頼性が高いオンラインカジノで遊びたいと思っている方はエンパイア777に登録するのはありですね。

 

EMPIRE777(エンパイア777)は登録をするだけで貰える入金不要ボーナス20ドルが進呈されます!まだ登録をしていない方は今すぐ登録をしてEMPIRE777のライブカジノを楽しんで下さい! 728エンパイア777 入金不要ボーナスEMPIRE777(エンパイア777)登録方法、入金不要ボーナス20ドルの貰い方を図解で詳細→こちら
EMPIRE777(エンパイア777)お得なライブカジノ リベートボーナス→こちら

 

 

ライブカジノハウス

ライブカジノハウス

まあ・・・人気は低迷しているものの、確かにライブカジノに特化したオンラインカジノとしてライブカジノハウスもしっかりと運営が続けられており良くないという評判もありません。

ただ、パッとした印象がないカジノですが、中身は申し分ありません。過不足なくしっかりとライブカジノのテーブル設置数も多く、エンパイア777と同じようにライブバカラのテーブル設置数も多いです。

ライブカジノハウスという名前の通り、ライブカジノのテーブル設置数に力を入れたオンラインカジノです。

登録して遊んでも全く問題なく安心・安全のエキサイティングで上質なカジノゲームを提供してくれることは間違いありません。

 

ライブカジノハウスへの登録は下記から公式サイトで行えます。登録完了後チャットサポートに30ドル入金不要ボーナスを下さいと言って下さい ライブカジノハウス 30ドル入金不要ボーナス

PAGCORは優良カジノと粗悪カジノの玉石混在と言われているけど本当?

ただ、本当にパグコーのギャンブリングライセンスを欲している事業者にとって取得が容易なのかと言えばそうでもありません。

政府のおすみつき規制機関であるのは間違いのない事実ですから、やはり要件としては厳格であると言えます。フィリピンのPAGCORライセンス取得のための専門サービスもあります。

下記にPAGCORライセンスの取得についてかなり詳細に書かれていますのでそちらも参照して頂くと一定の厳格さがありライセンス取得は簡単というわけではないことも同時にご理解を頂けるでしょう。

POINT参考外部記事:PAGCORギャンブルライセンス

 

まとめ

では、ここまでお疲れ様でした。

PAGCORが民営化するというところからフィリピン投資を考えている方へ、いかに投資対象として現在のフィリピンが期待できるのか充分にご理解をして頂ける内容になったと思います。

PAGCORの管理・規制する国内のランドカジノよりも、税収をどんどん稼いで上向きにしてくれるオンラインカジノが国内事業、産業としてあることがどれだけフィリピンの国内を支えているのかが本当によく理解して頂けたと思います。

特にリモートワーク支援の点もあり、オンラインカジノ運営事業者にとっても、この支援によってさらに飛躍をしたものと推測されます。PAGCORはこれから民営化に向けて様々な課題や日常の業務、ライセンシーの最新の記載など目まぐるしく変化をしてくことでしょう。

しかし、それだけフィリピンのPAGCORは期待度の大きな、フィリピンの経済発展・経済成長の一翼を担う重要な産業であるのです。あなたにとってもこれが良いフィリピン投資の判断材料にして頂き大きく資産増加を狙って頂くために参考になったら嬉しい限りです。

 

関連記事