オンラインカジノ運営ライセンス イギリス

オンラインカジノ ライセンス発行開始:2006年

UK公式サイト→こちら

UK(イギリス)の概要

グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、英: United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパ大陸の北西岸に位置するグレートブリテン島・アイルランド島北東部・その他多くの島嶼(とうしょ)から成る主権国家である。

イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている[1]。 また、大陸部分を領有していながら首都が島嶼に存する数少ない国家の一つである(他には中華民国、デンマーク、赤道ギニアのみ)。

また、イギリスの擬人化にジョン・ブル、ブリタニア (女神)がある。

転載元:イギリスWikipedia

本国(首都)ロンドン
君主(女王)エリザベス2世
総督
首相テリーザ・メイ

スポーツギャンブル先進国としてのイギリス

イギリスというのは、多くのスポーツの発祥の地として大変に有名です。

サッカー、ラグビー、クリケット、ボクシングなど様々なスポーツを生み出して近代スポーツとして成立をせた国であり、イギリスでは国技としても定着をしています。

しかしながら、スポーツというだけではプレイをしている人間は楽しいかもしれないが、スポーツというのは基本的に観戦だけで楽しめるという事は稀である。

そこにエンターテイメント性を持たせ、大きな経済効果を生ませるための仕組みとしてイギリスは政府公認のスポーツ賭博業者のライセンス発行をする事により、安心安全に国民がスポーツを楽しめる状態にする事にしたのです。

賭博を政府公認のライセンス制にする事によって、アングラ組織などの資金の稼ぎ口を絶つことが出来るという事もあり、イギリスの賭博管理は大変に優れていると言われて、オンラインカジノにしても、現在では多くの国々がオンラインカジノの運営ライセンスを発行をしており、国の税収を確保をする事も多くなっています。

当サイト 【基礎7】オンラインカジノの運営ライセンス

スポーツブック、ブックメーカーとは

それがスポーツブック、ブックメーカーと言われるスポーツの勝敗にベットをする事が出来るというものです。

現代的には、オンラインカジノ、スポーツブックなどはオンラインギャンブルと言われ特段、分類をされる事はなく同様のオンライン上のギャンブルとして認識をされています。

スポーツブック業者から、オンラインカジノまで手がけ株式上場まで果たすギャンブル運営企業も多くあり、イギリスで最も国民的に人気のあるサッカーチームへのオフィシャルスポンサーにまでなっているオンラインカジノ、スポーツブック運営業者が多くある。

とりわけイギリスで最も有名なスポーツブックはウィリアムヒルです。

ウィリアムヒルはスポーツブック、ブックメーカ業者として大変に有名ですが、現在はオンラインカジノも勿論展開をしておりオンラインギャンブルの大手として大きな力を有しています。もちろんに事、株式上場企業がウィリアムヒルです。

ウィリアムヒル スポーツベッティングの紹介・詳細→こちら

イギリスで最も人気のスポーツ サッカー

数多くのスポーツを誕生させたイギリスでも取り分け人気なのがサッカーである。イギリスでサッカーは「フットボール」と呼び、近代的なルールを確立したことから「近代サッカーの母国」と呼ばれ、それぞれの地域に独自のサッカー協会がある。

イギリス国内でそれぞれ独立した形でサッカーリーグを展開しており、中でもイングランドのプレミアリーグは世界的に人気である。イングランドサッカー協会 (FA) などを含むイギリス国内の地域協会は全て、国際サッカー連盟 (FIFA) よりも早くに発足しており、FIFA加盟国では唯一特例で国内の地域単位での加盟を認められている(以降、FIFAは海外領土など一定の自治が行われている地域協会を認可している)。

その為、FIFAや欧州サッカー連盟(UEFA)が主宰する各種国際大会(FIFAワールドカップ・UEFA欧州選手権・UEFAチャンピオンズリーグ・UEFAカップ・FIFA U-20ワールドカップやUEFA U-21欧州選手権などの年代別国際大会)には地域協会単位でのクラブチームやナショナルチームを参加させており、さらには7人いるFIFA副会長の一人はこの英本土4協会から選ばれる、サッカーのルールや重要事項に関しては、FIFAと英本土4協会で構成する国際サッカー評議会が決定するなど特権的な地位が与えられている。また、サッカー選手や監督がプロ競技における傑出した実績によって一代限りの騎士や勲爵士となることがある(デビッド・ベッカム、スティーヴン・ジェラードやボビー・ロブソン、アレックス・ファーガソンなど)。

転載元 : Wikipedia イギリス

【まめ知識】近代文明の全てを掌握する国、イギリス

イギリスは特段、日本国内では目立つような報道などはありませんし、先進国ではあるけれども、特段目だった事はないように感じるかもしれません。

しかしながら、1500年代からイギリスによる、基礎的な経済体系、資本主義体系、法体系、学術体系、などは先進諸国に大きな影響を与えており、その基盤は今日的にも全く変わっていないのが現実である。

金融取引に於いては特にイギリスとの関わりを持つ企業、国が多く存在をしており、どの金融業、また金融センターの歴史などを紐解いていくと、いまだにイギリスとの関係を全く持っていない国、金融機関、などはないと言っても過言ではないほどである。

今も尚、資本主義経済の根幹を握っているのはイギリスであるという事はあまり言われる事はありませんが、事実として、歴史を紐解いていけば、そのようになってるという事が実際のところです。

その大きな証明として、オンラインカジノのライセンス発行国、また世界の金融センターとしてタックスヘイブン、など経済活動に於いての資金のやり取りに関する非常に重要な部分に大きな秘匿性を持たせ、それを成立させているのがイギリスと言っても良いでしょう。

それが良いか良くないかという事ではなく、今の尚m、イギリスという国は現在の多くの先進諸国の商慣習、経済体系などに於いて多くの影響力を持ち、そのイギリスが作った仕組みの上で先進諸国が動いていると言っても過言ではないという意味です。

だからこそ、イギリスというのはビジネスの仕組み、社会の仕組み、政治体系の仕組みなどを深く知ろうとする場合に歴史を辿っていくと大変に興味深く魅力的な国であるという事が言え、多くの知識を与えてくれるのです。

当サイト オンラインカジノと関わりの深い国々一覧