オンライン運営ライセンス マン島

オンラインカジノ運営ライセンス発行開始:2001年

オンラインカジノ運営ライセンスのマン島公式サイト→こちら

Isle of Man(マン島)の概要

マン島は複数の国の間で統治権が移動する複雑な歴史を持っており、周辺の島やイングランド・アイルランドとも異なる独自の文化を築いてきた。

1405年以降はマン島領主(英語版)を名乗るイングランド貴族のスタンリー家(英語版)(ダービー伯爵)が代々統治してきた。1765年のマン島購入法(英語版)成立によって王室がマン島の支配権を購入し、それ以降はイギリス(連合王国)の君主がマン島領主を世襲している。

マン島は法的にはグレートブリテンおよび北アイルランド連合王国の一部でもなく、また主権国家でないためイギリス連邦(commonwealth)の加盟国ではなく、自治権を持ったイギリスの王室属領(Crown dependency)である。

しかしイギリスとの密接な関係からイギリス連邦の一部と見なされることも多く、イギリス連邦議会連合(英語版)やコモンウェルスゲームズ等に参加している[1]。

EUには参加せず、代表も送っていないが、イギリスの特別領域として扱われている。

転載元:マン島wikipedia

本国(首都)ダグラス
君主(領主)エリザベス2世
副総統リチャード・ゴズニー
主席大臣アラン・ベル

当サイト オンラインカジノと関わりの深い国々一覧