実機で遊べるオンラインでパチンコ・パチスロならクイーンカジノ!

Gibraltar(ジブラルタル)

オンラインカジノ運営ライセンス ジブラルタル

オンラインカジノ ライセンス発行開始:1998年

オンラインカジノ運営ライセンス ジブラルタル公式サイト→こちら

Gibraltar(ジブラルタル)の概要

ジブラルタル(Gibraltar)は、イベリア半島の南東端に突き出した小半島を占める、イギリスの海外領土。ジブラルタル海峡を望む良港を持つため、地中海の出入口を抑える戦略的要衝の地、すなわち「地中海の鍵[1]」として軍事上・海上交通上、重要視されてきた[2]。現在もイギリス軍が駐屯する。

半島の大半を占める特徴的な岩山(ザ・ロック)は、古代より西への航海の果てにある「ヘラクレスの柱」の一つとして知られてきた。半島は8世紀よりムーア人、レコンキスタ後はカスティーリャ王国、16世紀よりスペイン、18世紀よりイギリスの占領下にあるが、その領有権を巡り今もイギリス・スペイン間に争いがある。

地名の由来は、ジブラルタル海峡を渡ってイベリア半島を征服したウマイヤ朝の将軍ターリク・イブン・ズィヤードにちなんでおり、アラビア語で「ターリクの山」を意味するジャバル・アル・ターリク[1](Jabal al-Ţāriq[3]、亜: جبل طارق‎)が転訛したものである。なお、ジブラルタルの英語での発音は「ジブロールタ(ァ)」[dʒiˈbrɔːltə(r)]、スペイン語での発音は「ヒブラルタル」[xiβɾalˈtaɾ][4]に近い。

転載元:ジブラルタルWikipedia

本国 イギリス
君主 エリザベス2世
総督 エド・デイヴィス
首相 フェビアン・ピカルド

この項目ではオンラインカジノ業界的には非常に関係の深いGibraltar(ジブラルタル)がどのような歴史をもち、現在どのような国であるのかという事について分かりやすく解説をしていきます。

歴史的な価値、考古学的発見など多く見るものがあり、なかなか興味深い国ですから一度は旅行に行ってみるのも面白い国であるという事が言えるでしょう。

特に考古学的発見の中で最も有名なのがネアンデルタール人の遺跡が発見されていることだそうです。

 

ジブラルタル(Gibraltar)の歴史

下記はwikipediaより、抜粋になっておりますが、ここで理解をして頂きたいのが、ジブラルタルとイギリスとの関係です。

オンラインカジノのライセンス発行国は殆どがタックスヘイブンであって、イギリス王室がなんらか関与しているのです。

この点をご理解を頂きまして、タックスヘイブンのこと、国際的な金融のこと、イギリスが何をしているのか?どこが、パンドラの箱になっているのかという、都市伝説的な面白さのある点につながっていくので、この簡単な歴史を抜粋したのです。

300人委員会とか、国際金融資本などの基礎知識がある方であれば、色々と妄想が膨らむ点ではないでしょうか?

711 ~ 1462 年 ムスリム支配

711年、西ゴート王国はウマイヤ朝のターリク・イブン・ズィヤードに征服され、滅亡する。ムーア人の支配を受けてイスラム圏に入るが、およそ4世紀の間ジブラルタルが発展することはなかった。756年には後ウマイヤ朝が成立。変遷を経て1309年にナスル朝グラナダ王国の一部となる。カスティーリャ王国によって一時占領されるが、1333年にマリーン朝が奪還し、1374年マリーン朝はグラナダ王国にジブラルタルを割譲した。

転載元:ジブラルタル(wikipedia)

1462年 – 1713年 カスティーリャ・スペイン領期

1462年にメディナ・シドニア公がジブラルタルを奪取し、750年間に渡るムーア人の支配を終えた。 メディナ・シドニアは追放されたスペイン・ポルトガル系ユダヤ人にジブラルタルの土地を与え、コンベルソのペドロ・デ・エレアがコルドバとセビリアから一団のユダヤ人を移住させ、コミュニティが建設された。そして、半島を守るため駐屯軍が設立された。しかし、セファルディムとなったユダヤ人は数年後にコルドバか異端審問所に送還された。フェルナンド2世がスペイン王国を打ちたて、1501年にはジブラルタルもスペイン王国の手の下に戻った。同年にイサベル1世からジブラルタルの紋章が贈られた。

転載元:ジブラルタル(wikipedia)

1713年~ イギリス領期

1713年4月11日にユトレヒト条約の締結によって戦争が終結するものの、その条約でジブラルタルはイギリス領として認められ、スペインは奪回の機を失った。アメリカ独立戦争中はスペインが独立軍の支援にまわり、1779年からジブラルタルへの厳重な封鎖を行った(ジブラルタル包囲戦)。

転載元:ジブラルタル(wikipedia)

ジブラルタルとオンラインカジノのライセンス発行の歴史

1998年よりジブラルタルはギャンブルのライセンスを発行しています。まあ、多く語る何かがあることはありませんが、オンラインカジノの発行ライセンス国としてかなり早い段階から発行していたことがうかがえます。

世界初のオンラインカジノは1996年に創業したインターカジノですから、その2年後にジブラルタルはオンラインカジノの運営ライセンスの発行をしたことになります。

かなり信頼性の高いオンラインカジノ運営ライセンス発行国と言っても過言ではありません。その信頼性の高さは、ジブラルタルライセンスを取得しているオンラインカジノ運営企業が、イギリス本土でのオンラインギャンブリングの営業を許可されていることからも明白です。

イギリス本土でも、オンラインカジノ運営ライセンスが発行されていますが、世界で最も基準とカジノ事業者への干渉が厳しいことで有名です。

そのイギリスにジブラルタルライセンスを取得していればイギリスでも営業ができるとされているのですから、ジブラルタルライセンスも相当に厳しライセンスであることは明白でしょう。

概ね、こんな感じになってますね。

ただ、近年、プレイヤーとしてはジブラルタルのオンラインカジノ運営ライセンスの事業者を見ることは日本では少なくなっていると思われます。

レギュレーションが相当に厳しい点が倦厭されるのも実際にはあるようで、先進的な経営が行えるオンラインカジノ運営ライセンスとして、オランダ領キュラソーのオンラインカジノ運営ライセンスがどこの人気オンラインカジノでも採用されるようになってきました。

ちなみに、現在に日本人プレイヤーに人気のオンラインカジノ8割はオランダキュラソーのライセンスを取得しており、今ではジブラルタルのオンラインカジノ運営ライセンスを取得して運営しているオンラインカジノを見られる機会はそんなにないです。

ジブラルタルの都市伝説的な小話

ジブラタルはイギリスの領土であり、君主を見て頂くと「エリザベス」であるのは分かって頂けますよね。このジブラルタルは1969年の憲法制定以来、自治政府によって統括され内政に関して自治が認められいます。

イギリスの干渉は最小限になっていると言いたいのでしょうが、この点、オンラインカジノの運営ライセンス的な点を見ていくと、まあ、イギリス王室にかなりの金額が流れていると思っても特段おかしくはないでしょう。

まあ、君主が、あのレプティリアンかも的な色々な噂のあるエリザベスなわけですから、そのような観点で少し都市伝説的な観点から見ていくと面白さが出てくるのではないでしょうか。

当サイト オンラインカジノと関わりの深い国々一覧

当サイト 掲載オンラインカジノ

仮想通貨で入金出金が出来るオンラインカジノ

その他 優良・人気オンラインカジノ