オンラインカジノ運営ライセンス ジブラルタル

オンラインカジノ ライセンス発行開始:1998年

オンラインカジノ運営ライセンス ジブラルタル公式サイト→こちら

Gibraltar(ジブラルタル)の概要

ジブラルタル(Gibraltar)は、イベリア半島の南東端に突き出した小半島を占める、イギリスの海外領土。ジブラルタル海峡を望む良港を持つため、地中海の出入口を抑える戦略的要衝の地、すなわち「地中海の鍵[1]」として軍事上・海上交通上、重要視されてきた[2]。現在もイギリス軍が駐屯する。

半島の大半を占める特徴的な岩山(ザ・ロック)は、古代より西への航海の果てにある「ヘラクレスの柱」の一つとして知られてきた。半島は8世紀よりムーア人、レコンキスタ後はカスティーリャ王国、16世紀よりスペイン、18世紀よりイギリスの占領下にあるが、その領有権を巡り今もイギリス・スペイン間に争いがある。

地名の由来は、ジブラルタル海峡を渡ってイベリア半島を征服したウマイヤ朝の将軍ターリク・イブン・ズィヤードにちなんでおり、アラビア語で「ターリクの山」を意味するジャバル・アル・ターリク[1](Jabal al-Ţāriq[3]、亜: جبل طارق‎)が転訛したものである。なお、ジブラルタルの英語での発音は「ジブロールタ(ァ)」[dʒiˈbrɔːltə(r)]、スペイン語での発音は「ヒブラルタル」[xiβɾalˈtaɾ][4]に近い。

転載元:ジブラルタルWikipedia

本国イギリス
君主エリザベス2世
総督エド・デイヴィス
首相フェビアン・ピカルド

この項目ではオンラインカジノ業界的には非常に関係の深いGibraltar(ジブラルタル)がどのような歴史をもち、現在どのような国であるのかという事について分かりやすく解説をしていきます。

歴史的な価値、考古学的発見など多く見るものがあり、なかなか興味深い国ですから一度は旅行に行ってみるのも面白い国であるという事が言えるでしょう。

ジブラルタル(Gibraltar)の歴史

当サイト オンラインカジノと関わりの深い国々一覧