1999年の予言で完全に外したのに、この手の予言系のものは多く出てきますよね。

ノストラダムスも面白いと言えば面白いのですが、今度は2018年の予言か!って少しばかり笑ってしまいます。

個人的には、ノストラダムスって小学生時代の話になるのですが、すごく怖かった気がしますね。でも、今となってはノストラダムスなんてどうでも良いと思うは気のせいでしょうかね。

最近は、このyoutubeがなかなか面白いので見ています。都市伝説系のyoutuberですね。

この、棒読みのような語り方がウケて現在、なかなか注目を集めてきていますね。

この機会なのでノストラダムスの事でも書いてみようかと思います。

ノストラダムスって誰?

ミシェル・ノストラダムス(Michel Nostradamus、1503年12月14日 – 1566年7月2日)は、ルネサンス期フランスの医師、占星術師[注釈 1]、詩人。また料理研究の著作も著している。日本では「ノストラダムスの大予言」の名で知られる詩集を著した。彼の予言は、現在に至るまで多くの信奉者を生み出し、様々な論争を引き起こしてきた。

本名はミシェル・ド・ノートルダム (Michel de Nostredame) で、これはフランス語による。よく知られるノストラダムスの名は、姓をラテン語風に綴ったものである。しばしば、「ミシェル・ド・ノストラダムス」と表記されることもあるが、後述するように適切なものではない。

文章・写真転載元 ノストラダムス wikipedia

ノストラダムスって預言者だと思われている節があるのですが、実は医師なんですよね。しかも案外と色々とやっていて、マルチな才能を活かした人でもあると言われています。

料理研究家でもあったという事がなかなか面白いところですよね。

でも、昔というか1500年代に歴史的に有名であった人って、すごくマルチな才能な人が多いと思いませんか?

でも、これはカラクリがあるそうです。1500年代では高い教育受けるという人が少なかったという事もあって、医師などの高度な学術がいる分野の人は比較的に何でもできたという事があるからだそうです。

相対的に言えば、教育が必要な分野、例えば音楽とかも、それを行う人が少なかったという事もあって、少しそれに携わっていれば普通にバイオリン、ピアノなどは弾けるようになるわけで、現代社会のように競争をするという事がなかったという事がマルチな人が多いという事のカラクリだそうです。

でも、ノストラダムスは本当に大学に行って医師となった人なので、確かに頭が良い人ですがね。

預言者というイメージが非常に強いノストラダムスですが、ノストラダムスの事をウィキペディアで読んでみると、案外と預言者ではない部分の方が凄い人なのでは?と個人的には感じます。

あなたはノストラダムスってどう思いますか?神秘性がないと、面白くはありませんので、エンターテイメント、知的好奇心程度に知っておく、文献を読むのは面白いのですが、ノストラダムス研究家とかいるのが、なんだか僕にはあまり理解をする事が出来ないところです。

当サイト 掲載オンラインカジノサイト

仮想通貨で入金出金が出来るオンラインカジノ

その他 優良・人気オンラインカジノサイト

オンラインカジノの基礎コンテンツ

仮想通貨の基礎コンテンツ