モバイルデーター通信を世界中とシェアをする事によって、情報格差のない社会を目指すMOOVERプロジェクトのICO案件です。

契約をする通信キャリアの垣根を越えて余ったデーター通信を個人で売買をする事が可能となれば、本当にモバイルデーター通信を必要をしている地域の人々も、さらに安価に気軽にモバイルデーター通信を利用をする事によって情報格差を是正をする事が出来ると期待できます。

MOOVERの公式サイトからホワイトペーパーを読んでプロジェクトを確認・ウォレット登録・トークンを購入→こちら

このようなモバイルデーターを共有をする、シェアリングエコノミーの先駆けとしてMOOVERプロジェクトはICOによる資金調達を開始をしています。

ICOについて分からない!という方、仮想通貨投資には興味はあるけれども・・・なんだか分かりづらいという方は当サイトでICOについて基礎的な事を解説をしたコンテンツを作っていますのでご参照下さい。

このMOOVERのICOが成功し順調に機能をする事によって、余ったモバイルデーター通信量を他の必要な人へキャリアの垣根を越えて提供をする事が出来ます。毎月、使い切れていなかったモバイルデーター通信の余剰分に価値を与える事が出来ます。

このMOOVERプロジェクトも期待をされているICO案件となっておりICO投資をする方は、知っておいて損のないプロジェクトとなっています。

当コンテンツでは、このMOOVERについて解説をしていきます。まだICOを知らない方も、このMOOVERというプロジェクトに対して将来性を感じて頂けたら投資の検討をして頂けたら幸いでございます。

当サイト 優良ICO案件 ビットコインマイニング事業の正常化を目指す配当型ICOのREGAINの情報も是非ご拝読下さい

【ICO案件】REGAIN | ビットコインマイニング市場の健全化を!

MOOVERのホワイトペーパーを分かり易く解説!

MOOVERのホワイトペーパー(論文・事業計画)を分かりやすく噛み砕いて解説をしていきますね。

ホワイトペーパーを全て自分で読んだ方が勿論良いのですが、いきなり小難しい専門的なPDFを読むのは「ちょっと気が重い」という方は、こちらを読んで頂く事で、ざっくりとMOOVERがどのようなプロジェクトで何のためにICOによって資金調達をしているのかという事をご理解をして頂く事が出来ると思います。

少しばかり長い説明になってしまうのですが、読んで良かった!MOOVERの事を知る事が出来て良かったとか、他のICO案件との比較検討に役立つと思って頂けると思いますので、ご拝読を頂ければ幸いです。

MOOVERの公式サイトからホワイトペーパーを読んでプロジェクトを確認・ウォレット登録・トークンを購入→こちら

1:MOOVERプロジェクトはモバイルデーター通信のシェアリングエコミー

MOOVERプロジェクトは、モバイルデーター通信のシェアリングエコノミーを可能とするものです。

つまり余ったモバイルデータ通信を個人間で売買可能とする事を目的としたサービスとなっています。インターネットインフラが整っていない発展途上国では、モバイルデーター通信を必要としており、先進国で余ったモバイルデーター通信をシェア(売買)をする事が出来るようになれば、より情報格差のない成熟をした社会を作る事が出来ると期待されます。

本当に自由に世界中の全ての人がインターネットを使って情報が得られる成熟をした情報社会を目指しているわけです。

MOOVERの公式サイトからホワイトペーパーを読んでプロジェクトを確認・ウォレット登録・トークンを購入→こちら

シェアリングエコノミーとは?

シェアリングエコノミーとは、個人、企業などで余っている価値のあるリソース(資産)の貸し出し・売買・提供を仲介をするサービスの事を言います。その対象は一方では持て余している人がおり、他方ではそれを必要としている人がいるという対象なら何でも良く、労働力、デジタルデーター、などの無形財産でも何でもシェアリングエコノミーの対象となります。

その意味で先進国で持て余しているモバイルデーター通信を売買をする事が出来るようにするというプロジェクトがMOOVERというわけです。通常であれば、日常生活でスマホなどのモバイル端末で上限までモバイルデータ通信を行わず余っている部分を金銭換算をして価値にする事は出来ません。

MOOVERプロジェクトが順調に拡大をしていく事によって、この余った通信データー上限を必要な誰かにシェアをする事が出来るという事なのです。このプロジェクトは大きく世界中に拡大をする可能性があり大変に注目をされているICO案件となっているのです。

2:モバイルデーター通信を必要としている発展途上国の現状

モバイルデーター通信を必要としている地域の方が、固定回線を使ったインターネットに接続をする事が出来る地域よりも実際には多いのが現状です。

世界全体で安定的に固定回線でインターネットに接続をして利用をする事が出来る地域というのは全体を見渡してみると稀であると言われています。

社会インフラとしての固定回線などの設置は発展途上の国になれば莫大なコストになるので、なかなか整備がされていかないのも世界的な現状です。そのような国になりますと、固定回線などのインフラ投資を必要としないモバイルデーター通信に依存をする割合が高くなるのです。

モバイルデーター通信に対しての依存度が高い国は、ざっくり言えばアフリカ、中東、アジア諸国とされています。国がインターネットへの固定回線のインフラ投資をする事を待つより、モバイルデータ通信を使って情報を得るという事を加速をさせた方がより早く国際情勢に対応をしていけるという事もありますので、MOOVERプロジェクトは世界的に拡大をする可能性があるわけです。

MOOVERの公式サイトからホワイトペーパーを読んでプロジェクトを確認・ウォレット登録・トークンを購入→こちら

3:モバイルデーター通信量の余剰とそれを必要とする国々の需要の関係性

2017年の世界的なモバイルデーター通信に於けるトラフィックは月間で110億GBであると算出をされています。

この消費されている月間110億GBが、全体に提供をされているモバイルデーター通信量の最高上限の80%程度であるという事も公表をされています。

つまり使われていないモバイルデーター通信料が27.5億GBが月間で使われず価値にも生み出さす無駄になっているというわけです。

この余剰の月間27.5億GBのモバイルデーター通信をモバイルデーター通信を必要としている人々をシェアをする事が出来たとしたら、それは大変に社会にとって良い変化をもたらすのではないでしょうか?

MOOVERの公式サイトからホワイトペーパーを読んでプロジェクトを確認・ウォレット登録・トークンを購入→こちら

発展途上国であり最もモバイルデーター通信依存が高いエチオピアを例にして

この余剰のモバイルデーター通信を使えるとより良いデーター通信を行う事が出来る例としてエチオピアについてみていきましょう。

まず、エチオピアのざっくりとした平均月収が250ドル、データ通信料金が1GB当たり7ドルとなっています。

平均月収が250ドルの中から1GBの通信を行う場合には一ヶ月の収入の2.8%を支払う事になります。日本人的な感覚で言えば、1GBのスマホでのyoutubeの鑑賞のために6000円支払程度の感覚と思って頂くと体感的に分かり易いかと思います。

これでは日常的にモバイルデータ通信によって情報を自由にやり取りをするという事は大変に困難という事はご理解を頂く事がすぐに出来るでしょう。

しかしながら、スマホの世界的な拡大により、発展途上国でもスマホでのモバイルデーター通信量は伸びております。しかし、通信料が高額過ぎて頻繁に使うという事が出来ないのも現状です。それでは全く情報端末としてのスマホの意味を成さないものとなってしまいます。

しかし、MOOVERプロジェクトに於いて、先進国で余っているモバイルデーター通信量を、このような地域の必要としている人々に提供をする事が出来れば、エチオピアに於いても充分に低価格でモバイルデーター通信を利用をする事が出来るようになると期待をする事が出来るのです。

これが可能になる事によって、より情報を得やすい環境となり発展途上国の一般的な人々もより多くの情報に触れる事が出来るため、より国が発展をしていく可能性を大いに高める事が出来るという事にも期待をする事が出来るのです。

MOOVERの公式サイトからホワイトペーパーを読んでプロジェクトを確認・ウォレット登録・トークンを購入→こちら

4:MOOVERプロジェクトが世界に広がる事によって情報格差が是正される事が期待できる

MOOVERプロジェクトが世界に広がる事によって、上記に解説をしたエチオピアのような状況を改善をする事が出来る可能性が多いにあるのです。

情報を得るという事によって、発展途上にある国々の普通の水準の人々も情報に触れる事が出来る事によって、産業の発展もあるでしょうし、物事の比較検討をする事も出来るでしょう。

また、世界はどうなっているのか?など情報を手に入れやすい環境になる事によって、正しい情報を手に入れられる機会がより増加をする事によって、より発展をする機会が増えるものであると期待が出来るのです。

MOOVERの公式サイトからホワイトペーパーを読んでプロジェクトを確認・ウォレット登録・トークンを購入→こちら

5:MOOVERプロジェクトが拡大し実現する可能性と将来性

MOOVERプロジェクトが拡大し実現をする可能性が将来何に於いて起こるかという事についてです。

MOOVERプロジェクトが世界的に拡大をし実現をする可能性を高めるであろう将来起こる変化は、今から次世代通信規格5Gが2020年に実用化を目指していることにあり、またIot家電など、常時インターネット接続をする時代に変化をしていく事、そしてモバイルデーター通信を必要としているアフリカのような国々もよりデーター消費量が上がると予想されます。

その事から、MOOVERプロジェクトは拡大をし世界的に大きな需要があるものであり、実現可能性が高いと思われるのです。

このような社会的、また技術的躍進の時期ですから未来に見据えてもMOOVERプロジェクトは、このプロジェクトを実現をしていく事が出来ると思われるます。

ホワイトペーパー要約完了

【私見】MOOVERプロジェクトが実現可能性はどれくらい?

MOOVERプロジェクトのICOの案件のホワイトペーパーを噛み砕いて解説をしてきました。

MOOVERプロジェクトのホワイトペーパーを自身で見ていく限り、個人的には有望である計画を持っていると感じています。時代は確かに、MOOVERを求めていると思いますし、これが実現をする事によって情報格差が無くなる可能性もあるでしょう。

なので、そこそこ計画としては良いものであるのではないかと思います。しかしながら、アフリカのエチオピアなどにMOOVERのアプリを宣伝をする方法はどうするのか?

そもそもモバイルデーター通信の料金が高い地域の人々がMOOVERのアプリへ触れるファーストコンタクトをどのように持つのか?という事が今の段階では不明で、広告をする事が出来ない、もしくはインターネット上にMOOVERの広告を出したとしてアフリカなどのモバイル通信料金が高い国々の人々がそれを知ることは出来るのか?という点について甚だ疑問に感じました。

ICO案件のプロジェクトなので未来を断定をする事は出来ませんが、個人的にはMOOVER案件にビジョンとか、そのような部分は良いし、これをICOによって資金を調達をする事によって推進をしていくのであれば、トークンを購入をしても面白いと思います。

注意点!MOOVERプロジェクトだけでなくICO案件に於いての共通のリスク

ICO案件というのは、確実にリスクが伴います。どんな良いプランでありプロジェクトであっても、正直なところ実現をしなければ何の役に立たないものです。

また、ICO案件で投資をするというのは、企業が発行をするまだ価値もない独自仮想通貨(トークン)を購入をする事で、その仮想通貨が取引所に上場をされた際に価値がつき、自身が購入をした金額よりもトークンの価値が上回る価値がつく事によって成功と言えるものとなります。

なので基本的には取引所に上場をしない限りは、やはり、いくらMOOVERプロジェクトが壮大な事を言っており良いプロジェクトであったとしても実現以前に、そもそも仮想通貨の取引所にMOOVERトークンが上場しないとお話にならないわけです。

なので、その点を考慮しつつ仮想通貨の取引所に上場をしなかったとしてもある程度自分自身が後悔をしないという心構えを持ってICO投資に挑んでください。

MOOVERの公式サイトからホワイトペーパーを読んでプロジェクトを確認・ウォレット登録・トークンを購入→こちら

MOOVERはフェーズ2 トークンセールが2018年02月01日から14日間です

最小購入額:BTCの価値で約100USD

最大購入額:BTCの価値で約1万USD

※USDで記載をされていますが、ビットコインの価値で最小100ドル相当、最高1万ドル相当の取引をなっています

MOOVERのトークンの販売は、もう既に最終段階のフェーズ2が目前に迫っています。

2018年02月01日からの14日間しか購入の機会がありません。

最終フェーズ3は2018年04月01日からの14日間となっております。

なので、MOOVERプロジェクトの事をここまで読んで頂いて、将来性を感じて頂ける方は、すぐに購入をする事が出来るようにMOOVERトークン(独自仮想通貨のウォレット)に登録をしておき、購入をするために資金を準備、若しくは仮想通貨BTCを用意をしておいて下さい。

MOOVERの公式サイトからホワイトペーパーを読んでプロジェクトを確認・ウォレット登録・トークンを購入→こちら

MOVEトークンの購入はBTC(ビットコイン)での購入になりますので、仮想通貨自体を持っていない方は仮想通貨の取引所に登録をして仮想通貨のビットコインを購入をして準備をしておいて下さい。

販売直前になって、登録をしても仮想通貨の取引所に本人確認書類を提出して認証されるまでの期間などもありますから、早めに仮想通貨の取引所に登録をして手続きを全て完了をしておかないとMOOVERトークンの購入に間に合わないなんて事になりますので、まだ仮想通貨の取引所にさえも登録をしてない方はこの機会に仮想通貨の取引所への登録を完了をさせて下さい。

はじめての仮想通貨取引所への登録であればbitflyerが安心感があって良いかと思いますよ。

当サイトでbitflyerの登録方法を詳細に解説をしていますので、登録をする場合には下記を参照をしながらスムーズに登録を完了させて下さいね。

bitcoin(ビットコイン)取引所への登録方法(ビットフライヤー)

当サイト ICOの基礎知識(仮想通貨投資)コンテンツ

当サイト 有力ICO案件